スポンサーリンク
     
     
       
金融・経済の情報発信サイト 学びのモト
          
TOPページに戻る
         
   
「お(かね)」の歴史(れきし) どんな「お(かね)」が使(つか)われた?

     
       
物品貨幣(ぶっぴんかへい)自然貨幣(しぜんかへい)商品貨幣(しょうひんかへい))→金属貨幣(きんぞくかへい)秤量貨幣(ひょうりょうかへい)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい))→紙幣(しへい)
日本最古(にっぽんさいこ)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は、7世紀後半(せいきこうはん)の「富本銭(ふほんせん)
世界最古(せかいさいこ)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は、紀元前(きげんぜん)7世紀後半(せいきこうはん)の「エレクトラム硬貨(こうか)
         
       
物品貨幣(ぶっぴんかへい)
       
(とき)経過(けいか)とともに(くさ)ってしまう()(もの)(こわ)れやすい消耗品(しょうもうひん)などは、貨幣(かへい)として不都合(ふつごう)です。
     
そこで、当初(とうしょ)は、(かい)がら・(いし)(ぬの)(こめ)などが貨幣(かへい)として使(つか)われました。これを「物品貨幣(ぶっぴんかへい)」といいます。
     
物品貨幣(ぶっぴんかへい)は、貨幣(かへい)素材(そざい)によって、「自然貨幣(しぜんかへい)」と「商品貨幣(しょうひんかへい)」に()けられます。
       
自然貨幣(しぜんかへい)
       
まず、(かい)がら・(いし)(ほね)などの、自然(しぜん)のもの素材(そざい)とした貨幣(かへい)使(つか)われるようになりました。これを「自然貨幣(しぜんかへい)」といいます。
       
自然貨幣(しぜんかへい)は、宗教(しゅうきょう)呪術(じゅじゅつ)背景(はいけい)としたもので、貨幣(かへい)そのものに価値(かち)はなく、貨幣(かへい)として使(つか)うには無理(むり)がありました。
       
商品貨幣(しょうひんかへい)
       
次に、(ぬの)(こめ)家畜(かちく)穀物(こくもつ)などの、商品(しょうひん)そのもの貨幣(かへい)として使(つか)うようになりました。これを「商品貨幣(しょうひんかへい)」といいます。
       
しかし、商品貨幣(しょうひんかへい)()(はこ)びが不便(ふべん)貨幣(かへい)でした。
     
金属貨幣(きんぞくかへい)
       
(きん)(ぎん)(どう)などの金属(きんぞく)でつくられた貨幣(かへい)を「金属貨幣(きんぞくかへい)」といいます。
     
(ぬの)(こめ)家畜(かちく)穀物(こくもつ)などの商品貨幣(しょうひんかへい)は、()(はこ)びが不便(ふべん)であったため、()(はこ)びに便利(べんり)(こわ)れにくい金属貨幣(きんぞくかへい)使(つか)われるようになりました。
      
金属貨幣(きんぞくかへい)は、「秤量貨幣(ひょうりょうかへい)」と「鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)」に()けられます。
     
秤量貨幣(ひょうりょうかへい)
       
金属貨幣(きんぞくかへい)では、まず商品貨幣(しょうひんかへい)としての性質(せいしつ)(のこ)す「秤量貨幣(ひょうりょうかへい)」が使(つか)われました。
     
秤量貨幣(ひょうりょうかへい)は、金属(きんぞく)(おも)さで(はか)って貨幣(かへい)として使用(しよう)したものです。そのため、(かん)(もんめ)などの(おも)さが、単位(たんい)として使(つか)われました。金属(きんぞく)価値(かち)貨幣(かへい)金額(きんがく)(ひと)しい貨幣(かへい)です。
       
鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)
       
やがて、金属(きんぞく)()かし(かた)(なが)してつくる「鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)」が使(つか)われるようになりました。
鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は、金属(きんぞく)価値(かち)とは関係(かんけい)なく、信用貨幣(しんようかへい)としての性質(せいしつ)()っていました。
     
鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は、額面(がくめん)表示(ひょうじ)するところから「計数貨幣(けいすうかへい)」とも()ばれています。
計数貨幣(けいすうかへい)は、一定(いってい)形状(けいじょう)をもち、一定(いってい)品位(ひんい)重量(じゅうりょう)刻印(こくいん)保証(ほしょう)した貨幣(かへい)です。江戸時代(えどじだい)発行(はっこう)された、大判(おおばん)小判(こばん)などがこれにあたります。
       
     
※「信用貨幣(しんようかへい)」とは、管理通貨制度(かんりつうかせいど)(もと)発行(はっこう)される、金貨(きんか)との交換(こうかん)保証(ほしょう)しない貨幣(かへい)のことです。(くに)信用(しんよう)流通(りゅうつう)するお(かね)なので、信用貨幣(しんようかへい)といいます。
     
金属貨幣(きんぞくかへい)は、(おお)きな金額(きんがく)になると、(おも)くて()(はこ)びが困難(こんなん)であったため、()(はこ)びが容易(ようい)な「紙幣(しへい)」へと移行(いこう)していきました。
       
貨幣の分類 素材/特徴 備考



自然貨幣 自然のものを素材
貝がら・石・骨など
宗教や呪術を背景としたもの
貨幣そのものに価値はない
商品貨幣 商品そのもの
布・米・家畜・穀物など
持ち運びが不便



秤量貨幣 金属を重さで量ったもの
商品貨幣の性質を残す
金、銀、銅など
金属の価値と貨幣の金額が等しい
鋳造貨幣 金属を溶かし型に流す
信用貨幣の性質を持つ
金、銀、銅など
金属の価値とは関係ない
額面を表示する(計数貨幣ともいう)
金属は重くて、持ち運びが困難
       
※ここでは、物品貨幣(ぶっぴんかへい)金属貨幣(きんぞくかへい)()けて説明(せつめい)していますが、金属貨幣(きんぞくかへい)物品貨幣(ぶっぴんかへい)(ふく)むとする(かんが)えもあります。
       
日本(にっぽん)一番古(いちばんふる)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は?
       
これまで、日本最古(にっぽんさいこ)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は、8世紀初頭(せいきしょとう)()まれた「和同開珎(わどうかいちん)」とされていました。
     
       
和同開珎(わどうかいちん)()(かた)には、「わどうかいちん」と「わどうかいほう」の2(とお)りの(せつ)があります。
      
しかし、1998(平成(へいせい)10)(ねん)奈良(なら)(けん)飛鳥池遺跡(あすかいけいせき)から、7世紀後半(せいきこうはん)のものと推測(すいそく)される「富本銭(ふほんせん)」が発見(はっけん)され、話題(わだい)()びました。
       
現在(げんざい)では、富本銭(ふほんせん)日本最古(にっぽんさいこ)のお(かね)(かんが)えられています。
       
世界(せかい)一番古(いちばんふる)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は?
       
世界最古(せかいさいこ)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は、紀元前(きげんぜん)7世紀後半(せいきこうはん)に、(しょう)アジアのリディア王国(おうこく)(げん)トルコ)で鋳造(ちゅうぞう)された「エレクトラム(エレクトロン)硬貨(こうか)」です。
       
エレクトラム硬貨(こうか)は、(きん)(ぎん)合金(ごうきん)(エレクトラム)でつくられており、ライオン(リディア(おう)紋章(もんしょう))が刻印(こくいん)されていました。
     
やがて、エレクトラム硬貨(こうか)は、リディア王国(おうこく)から隣接(りんせつ)するイオニア地方(ちほう)へ、そしてギリシアの都市国家(としこっか)へと(つた)わっていきました。
       
       
         
       
スポンサーリンク
         
       
確認問題(かくにんもんだい)
     
(1) (かい)がら・(いし)(ほね)などの、自然(しぜん)のものを素材(そざい)とした貨幣(かへい)を(     )という。
     
(2) (ぬの)(こめ)家畜(かちく)穀物(こくもつ)などの、商品(しょうひん)そのものを使(つか)った貨幣(かへい)を(     )という。
     
(3) 金属(きんぞく)(おも)さで(はか)って使用(しよう)したもので、金属(きんぞく)価値(かち)貨幣(かへい)金額(きんがく)(ひと)しい貨幣(かへい)を(     )という。
     
(4) 金属(きんぞく)()かし、(かた)(なが)してつくる貨幣(かへい)を(     )という。
     
(5) 鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は、額面(がくめん)表示(ひょうじ)するところから(     )ともいう。
     
(6) 管理通貨制度(かんりつうかせいど)(もと)発行(はっこう)される、金貨(きんか)との交換(こうかん)保証(ほしょう)しない貨幣(かへい)を(     )という。
     
(7) 日本最古(にっぽんさいこ)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は、奈良(なら)(けん)飛鳥池遺跡(あすかいけいせき)から発見(はっけん)された、7世紀後半(せいきこうはん)のものと推測(すいそく)される(     )である。
     
(8) 世界最古(せかいさいこ)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は、(しょう)アジアのリディア王国(おうこく)から発見(はっけん)された、紀元前(きげんぜん)7世紀後半(せいきこうはん)のものと推測(すいそく)される(     )である。
         
(こた)えはこのページの(した)のほうにあります。
         
       
用語解説(ようごかいせつ)
     
物品貨幣 (ぶっぴんかへい)
material money (マテリアル・マネー)
 ●  貝殻(かいがら)(いし)(ぬの)(こめ)など。
 ●  貨幣(かへい)素材(そざい)によって、自然貨幣(しぜんかへい)商品貨幣(しょうひんかへい)()けられる。
 ●  金属貨幣(きんぞくかへい)物品貨幣(ぶっぴんかへい)(ふく)むとする(かんが)えもある。
     
自然貨幣 (しぜんかへい)
natural money (ナチュラル・マネー)
 ●  貝殻(かいがら)(いし)(ほね)など。
 ●  貨幣(かへい)素材(そざい)自然(しぜん)のもので、貨幣(かへい)そのものに価値(かち)はない。
 ●  宗教(しゅうきょう)呪術(じゅじゅつ)背景(はいけい)としたもの。
     
商品貨幣 (しょうひんかへい)
commodity money (コモディティ・マネー)
 ●  (ぬの)(こめ)家畜(かちく)穀物(こくもつ)など。
 ●  商品(しょうひん)そのものを貨幣(かへい)とした。
 ●  ()(はこ)びが不便(ふべん)であった。
     
金属貨幣 (きんぞくかへい)
metallic money (メタリック・マネー)
 ●  (きん)(ぎん)(どう)などの金属(きんぞく)でつくられた貨幣(かへい)秤量貨幣(ひょうりょうかへい)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)()けられる。
 ●  (ぬの)(こめ)家畜(かちく)穀物(こくもつ)などの商品貨幣(しょうひんかへい)()(はこ)びが不便(ふべん)であったため、()(はこ)びに便利(べんり)(こわ)れにくい金属貨幣(きんぞくかへい)使(つか)われるようになった。
 ●  金属貨幣(きんぞくかへい)物品貨幣(ぶっぴんかへい)(ふく)むとする(かんが)えもある。
     
秤量貨幣 (ひょうりょうかへい)
currency by weight (カレンシー・バイ・ウエイト)
 ●  金属(きんぞく)価値(かち)貨幣(かへい)金額(きんがく)(ひと)しいもの。
 ●  商品貨幣(しょうひんかへい)としての性質(せいしつ)(のこ)す。
 ●  金属(きんぞく)(おも)さで(はか)って貨幣(かへい)として使用(しよう)した。
     
鋳造貨幣 (ちゅうぞうかへい)
coined money (コインド・マネー)
 ●  金属(きんぞく)()かし(かた)(なが)してつくったもの。
 ●  額面(がくめん)表示(ひょうじ)するところから「計数貨幣(けいすうかへい)」ともいう。
 ●  金属(きんぞく)価値(かち)とは関係(かんけい)なく、信用貨幣(しんようかへい)としての性質(せいしつ)()っていた。
     
計数貨幣 (けいすうかへい)
currency by table (カレンシー・バイ・テーブル)
 ●  金属(きんぞく)()かし(かた)(なが)してつくったもの。「鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)」ともいう。
 ●  一定(いってい)形状(けいじょう)をもち、一定(いってい)品位(ひんい)重量(じゅうりょう)刻印(こくいん)保証(ほしょう)した貨幣(かへい)
 ●  江戸時代(えどじだい)発行(はっこう)された、大判(おおばん)小判(こばん)などがこれにあたる。
     
信用貨幣 (しんようかへい)
faith money (フェース・マネー)
 ●  (くに)信用(しんよう)流通(りゅうつう)するお(かね)のこと。
 ●  管理通貨制度(かんりつうかせいど)(もと)発行(はっこう)される、金貨(きんか)との交換(こうかん)保証(ほしょう)しない貨幣(かへい)
 ●  不換紙幣(ふかんしへい)」ともいう。
     
和同開珎 (わどうかいちん)
Wado Kaichin coin (ワドウカイチン・コイン)
 ●  8世紀初頭(せいきしょとう)()まれた貨幣(かへい)
 ●  富本銭(ふほんせん)発見(はっけん)される以前(いぜん)は、日本最古(にっぽんさいこ)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)(かんが)えられていた。
 ●  ()(かた)には、「わどうかいちん」と「わどうかいほう」の2(とお)りの(せつ)がある。
     
富本銭 (ふほんせん)
Fuhonsen coin (フホンセン・コイン)
 ●  7世紀後半(せいきこうはん)のものと推測(すいそく)される貨幣(かへい)
 ●  1998(平成(へいせい)10)(ねん)奈良(なら)(けん)飛鳥池遺跡(あすかいけいせき)から発見(はっけん)された。
 ●  日本最古(にっぽんさいこ)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)(かんが)えられている。
     
エレクトラム硬貨 (えれくとらむこうか)
electrum (エレクトラム)
 ●  紀元前(きげんぜん)7世紀後半(せいきこうはん)に、(しょう)アジアのリディア王国(おうこく)(げん)トルコ)で鋳造(ちゅうぞう)された硬貨(こうか)世界(せかい)(はじ)めての貨幣(かへい)とされる。
 ●  (きん)(ぎん)合金(ごうきん)(エレクトラム)でつくられ、ライオン(リディア(おう)紋章(もんしょう))が刻印(こくいん)された。
 ●  リディア王国(おうこく)から隣接(りんせつ)するイオニア地方(ちほう)へ、そしてギリシアの都市国家(としこっか)へと(つた)わった。
     
           
参考文献(さんこうぶんけん)
           
富本銭(ふほんせん)(なぞ)銀銭(ぎんせん)貨幣(かへい)誕生(たんじょう)真相(しんそう)今村啓爾(いまむらけいじ)著/小学館(しょうがくかん)
           
図解(ずかい)入門(にゅうもん)ビジネス最新(さいしん)金融(きんゆう)基本(きほん)とカラクリがよーくわかる(ほん)久保田博幸(くぼたひろゆき)著/秀和(しゅうわ)システム)
       
         
       
(こた)
     
(1)自然貨幣(しぜんかへい)
       
自然貨幣(しぜんかへい)は、宗教(しゅうきょう)呪術(じゅじゅつ)背景(はいけい)としたもので、貨幣(かへい)そのもの((かい)がら・(いし)(ほね)など)には、価値(かち)はありませんでした。
     
(2)商品貨幣(しょうひんかへい)
       
商品貨幣(しょうひんかへい)()(はこ)びが不便(ふべん)であったため、()(はこ)びに便利(べんり)(こわ)れにくい「金属貨幣(きんぞくかへい)」へと移行(いこう)していきました。
       
(3)秤量貨幣(ひょうりょうかへい)
       
秤量貨幣(ひょうりょうかへい)は、商品貨幣(しょうひんかへい)としての性質(せいしつ)(のこ)貨幣(かへい)で、(かん)(もんめ)などの(おも)さが、単位(たんい)として使(つか)われました。
     
(4)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)
       
鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は、金属(きんぞく)価値(かち)とは関係(かんけい)なく、信用貨幣(しんようかへい)としての性質(せいしつ)()っていました。
     
(5)計数貨幣(けいすうかへい)
       
計数貨幣(けいすうかへい)とは、一定(いってい)形状(けいじょう)をもち、一定(いってい)品位(ひんい)重量(じゅうりょう)刻印(こくいん)保証(ほしょう)した貨幣(かへい)のことです。江戸時代(えどじだい)発行(はっこう)された、大判(おおばん)小判(こばん)などがこれにあたります。
       
(6)信用貨幣(しんようかへい)
       
(くに)信用(しんよう)流通(りゅうつう)するお(かね)なので、信用貨幣(しんようかへい)といいます。
     
(7)富本銭(ふほんせん)
       
以前(いぜん)は、日本最古(にっぽんさいこ)鋳造貨幣(ちゅうぞうかへい)は、8世紀初頭(せいきしょとう)()まれた「和同開珎(わどうかいちん)」と(かんが)えられていました。
     
(8)エレクトラム(エレクトロン)硬貨(こうか)
       
エレクトラム硬貨(こうか)は、(きん)(ぎん)合金(ごうきん)(エレクトラム)でつくられており、ライオン(リディア(おう)紋章(もんしょう))が刻印(こくいん)されていました。
         
          
TOPページに戻る
         
スポンサーリンク