「お金」の歴史 紙がお金に!

「お金」の歴史 紙がお金に!

金融大学(学びのモト)

 

 

「お金」の歴史 紙がお金に!
  • 金本位制(金や銀との交換を保証した「兌換紙幣」を発行)
  • 管理通貨制度(金や銀との交換を保証しない「不換紙幣」を発行)
  • 不換紙幣は、国の信用で流通するお金

 

 

 

 紙幣の誕生

 

日本で使われる「お金(貨幣)」は、明治時代に入って大きな変革期を迎えました。金属貨幣にかわって、「紙幣」が貨幣の主役となったのです。

 

「紙幣」は、ただの紙切れで出来たお金です。

 

学びのモト

 

当初は、金や銀との交換を保証した「兌換紙幣」でしたが、やがて金や銀との交換を保証しない「不換紙幣」へと移行していきます。

 

 「兌換紙幣」の発行

 

 太政官札の発行

 

1868(明治元)年、明治政府は「太政官札」という紙幣を発行しました。

 

太政官札は、政府が初めて発行した紙幣です。

 

江戸時代には、各藩が「藩札」という形で紙幣を発行していたのですが、幕府が発行した藩札はなく、その流通は地方に限定されていました。

 

学びのモト

 

 新貨条例の公布

 

1871(明治4)年、明治政府は「新貨条例」という貨幣制度を公布して、金本位制を採用し、円を制定しました。

 

 金本位制の採用

 

金本位制」とは、金を本位貨幣(通貨価値の基準)とする制度です。

 

中央銀行は、発行した紙幣と同額の金を常に保管して、兌換(「金」と「紙幣」とを引き換えること)を保証しました。

 

※ちなみに、銀を本位貨幣とする制度を「銀本位制」といいます。

 

このように、発行者の信用で、同額の金貨や銀貨に交換することを約束した紙幣のことを「兌換紙幣」といいます。

 

学びのモト

 

明治政府は金本位制を採用しましたが、金貨不足から銀貨の利用が続きました。

 

 円の制定

 

明治政府は、通貨単位として「」を制定し、1円を金1.5gと定めました。

 

1円より小さな単位には「」、「」を使い、1円=100銭、1銭=10厘と決めました。

 

※1953(昭和28)年に、通貨単位の「銭」「厘」は廃止されました。しかし、債券や為替取引の世界では、1円未満の表記に引き続き「銭」という単位を使っています。

 

 日本銀行兌換銀券の発行

 

1882(明治15)年には、「日本銀行条例」に基づいて日本銀行が設立されました。
1884(明治17)年には、日本銀行兌換銀券の発行を定める「兌換銀行券条例」が公布されました。

 

1885(明治18)年には、日本銀行が「日本銀行兌換銀券」を発行しました。これは、政府が同額の銀貨と交換することを保証した兌換紙幣です。

 

 金本位制の確立

 

1897(明治30)年になると、明治政府は、金のみを本位貨幣(通貨価値の基準)とする「貨幣法」を公布し、金本位制が確立しました。また、1円を金0.75gと定めました。

 

1899(明治32)年には、日本銀行が「日本銀行兌換券」を発行しました。これは、政府が同額の金貨と交換することを保証した兌換紙幣です。

 

 金本位制の終幕

 

1931(昭和6)年12月の金貨兌換停止により、金本位制は終幕を迎えました。

 

 「不換紙幣」の発行

 

1931(昭和6)年に金の輸出を禁止して兌換を停止したことで、事実上、日本銀行券は兌換紙幣ではなくなりました。

 

1942(昭和17)年には「日本銀行法」が制定され、兌換義務のない「不換紙幣」が発行できるようになり、法律上も兌換の義務がなくなりました。

 

この法律により、日本の通貨制度は、金本位制から管理通貨制度へ移行することとなりました。

 

経済が急速に発展すると、金の生産量が追いつかなくなり、金本位制を保持することがむずかしくなります。
管理通貨制度への移行は、時代の趨勢(すうせい:成り行き)と言えます。

 

 「お金」と「信用」

 

 不換紙幣

 

不換紙幣」は、管理通貨制度(国が通貨の流通量を管理調節する制度)の下で発行される、金貨との交換を保証しない紙幣です。

 

国の信用で流通するお金であることから、「信用貨幣」とも呼ばれています。

 

 国の信用

 

現在、私たちは、お金(貨幣)を“価値のあるもの”と信じて使っています。1万円札には「1万円分の価値」があり、千円札には「千円分の価値」がある…と誰もが信じています。

 

お金(貨幣)の価値は、“みんなが信用する”ことから生まれます。

 

みんなが信用しなければ、「1万円札」はただの紙切れです。たくさん持っていたとしても、何1つ買うことはできません。

 

学びのモト

 

信用貨幣を支えるものは、「国の信用」です。

 

この「信用」を維持し、高めるために、政府や日本銀行(中央銀行)は、さまざまな努力を続ける必要があるのです。

 

学びのモト

スポンサーリンク

 

 

金融大学TOP > 学びのモト > 「お金」の歴史 紙がお金に!

トップへ戻る